カテゴリー別アーカイブ: 民間療法

お風呂にゆっくりつかるときの温度管理

お風呂はシャワーだけじゃなく、バスタブにゆっくりつかるのが良いとよく聞きます。女性の場合は子宮などの内臓を温めると美容と健康に良いというのです。それに普段出ないような汗もかけてデトックスもできるのです。

簡単にできるので、時々、すごく時間をかけて入ります。何回かに分けてトータルで30分くらい入ってることがあります。そのとき気になるのが湯温。お湯の温度です。

熱いとだめだそうです。最近のお風呂は湯温を設定してお湯をためたり、追い炊きしながら温度調整もしてくれるのですが、気になる悩みがあります。

バス釜の中ってカビが生えたり汚れが溜まってるっていうではないですか。コマーシャルなどを見て気になって仕方ありません。それでバス釜を使いたくないのです=追い炊き機能を使いたくないのです。それには理由があって・・・

万が一の地震に備えて、お湯は次回お風呂を貯めるまで抜かないで入れたままにしておくのです。水が止まった時にトイレに使えるかな?と考えているので、夏場など1週間もそのままにしてることもありますが、水が汚くなります。バスタブは洗えば良いのですが、お釜の内部もぬるぬるになって、そして汚れが蓄積してるのではないかと思われます。でもあの中までは簡単に洗えそうもないですし。

中を洗う洗剤が売られてますが、すすぎが不完全だと後で洗剤入りのお湯に入ることになるので、微量な残留でも嫌なので、洗剤はつかいたくないのです。

ということで、バス釜自体を使わないようにするしかありません。なので追い炊きでの自動温度調節ができないわけです。お湯を貯める時は自動機能を使わず蛇口からお湯を入れています。

おかげで、何回かバスタブからお湯があふれた事もあります。

お湯はそのままではなく、オーガニック系のショップで入手しているバブルバスとアロマとバスソルトを入れますが、蛇口から入れた方がよく泡立つので、その方が良いのです。泡が消える時にマイナスイオンが出るそうです。

長風呂しててお湯がぬるくなってくると、蛇口から最高温度の60度のお湯を足します。ついつい温かくしすぎて、熱めになってると思われます。たぶん43度くらいまでは入っていられますが、それでは体に良くないらしいのです。どこを読んでも「ぬるめ」と書かれています。

今入ってるお風呂の温度は、実際に何度なのか?

ぬるめの38度ってどれくらいの感じなのか?

蛇口から出すお湯で温度設定はできるけどそれは正確なのだろうか?それに長風呂してると温度も下がってきます。
「今のお湯は何度なのか?」気になって仕方なくなりました。

そこで、やっとアマゾンで湯温計を買いました。たいていは赤ちゃん用として売られてるんですね。壊れにくくて、読みやすくて、かわいい物を探したのですが、デザイン的には妥協してcombiの湯温計を買いました。

湯温計

お風呂に入れると、ゴムボートみたいに浮いててかわいいです。しかし周りの色は黄色ではなく黄緑色で気持ち悪い色です。もっとかわいい黄色だったら良かったのに・・・確かに名前がピスタチオでした。色以外は満足ですが・・・

で、わかったのは

蛇口から出るお湯は「42度」にしておきましたが、貯めてみると40度くらいになってるんですね。美容と健康のためには38-40度が良く、その上限あたりでした。やっぱり下がってるんですねっ。もっと寒い冬は高めに設定する必要があります。

1時間も入ってると少し温度が下がりますが、それが38度でした。

38度だとぬるめとは言え、十分温かいです。38度はもっと寒く感じるのかと思ってたので良かった♪

なぜもっと早く買わなかったのかと思います、湯温計。

バブルバスにすると、お湯の表面が泡だらけですので、おもちゃのゴムボートみたいな湯温計は泡に隠れてたりしますが、お湯をくぐらせて泡をどかしては、ちょこちょこ温度を見るのも楽しいものです。

お風呂の中でのこだわりはいろいろあります。

また機会を見て書いてみようと思います。

驚き。ワサビでアトピーやアレルギーが改善するのか?

以前に重度のアトピーが治ったという話を聞いたことがありました。それはとっても謎めいた話でした。

幼稚園の息子さんが体中ひどいアトピーで、何をやっても効果がなく悩んでいたら、ある「おじいさん」を紹介されたそうです。さっそく訪ねたところ、冷凍のワサビパックを売ってくれて、それを言われた通りに入浴剤のようにお風呂に入れたら、体中から毒素(多分ステロイドなど)が出て、それはそれはひどい好転反応があったあと、2-3週間後に見違えるように、一皮むけたかのように重度のアトピーが治ってしまったというのです。ステロイドによる肌の黒ずみも無くなってしまったそうです。そしてそのままアトピーは再発しなかったというのです。

その息子さんも今は高校生だから、そのおじいさんはもう生きてないかもしれないとのことでした。いったい、その「冷凍ワサビのパック」とは何だったのか?

気になってたまらなくなり、一生懸命ネットで探していきました。

すると

それらしき物を販売している「ワサビ農家」を発見したのです。その謎の「おじいさん」は、多分ここから入手していたと思われます。

http://www.ne.jp/asahi/wasabinouka/homepage/

こちらで扱っている製品は、特許を申請しているようです。特許は申請すると公開されますので、そちらも見つけました。

http://www.patentjp.com/13/D/D101912/DA10001.html

私の家族の一人が、体のあちこちがかぶれたり治ったりを繰り返すようになっていたので一度使ってみようと思いました。

メールしても何の連絡もないので、しびれを切らして電話してみたところ、それを発明した方ご自身と話すことができました。声の感じからは60歳を超えている感じのオジサマで、最近パソコンの調子が悪くメールは見てないと言っていました。使い方などをかなり丁寧に教えて下さり、さっそく冷凍ワサビを購入して試してみました。

「かぶれ」は丁度治るような時期だったのか、それとも本当に効いたのか、とにかく確かに治って、1年くらい悩まされていた症状は完ぺきにでなくなりました。

「わさび」にはデトックス効果があるということなので、治療目的は何もないけれど、私も飲んでみました。

「使い方」は、
一定の割合でお湯に溶かして「飲む」ということなのです。初めて飲んだ時の感想は「すごく薄めているのでクセがないし、これなら飲める」だったのですが、それは3日位まででした。ほのかに感じるワサビ味が不味く感じるようになり飲めなくなってしまいました。結局、購入したワサビは消費しきれないまま、良さそうな感じはしたけれど、続けることはなく記憶からも忘れていきました。

それから2年後、
ある事件があって、またそのワサビ農園のオジサマに電話して注文することになったのです。

*****

ピロリ菌の除菌用の抗生物質で体中にアレルギー反応のような薬疹がでて、ワサビ水を思い出したのです。ダメ元でも良いから試してみようと思いました。

電話してみたところ、おせっかい位の親切さで、質問されいろんな話をしてくれました。クール便で北海道から東京に送って頂くのに中1日かかりました

飲んだ薬のデトックスなら、お湯にといてワサビ水にして飲んだ方が良いとのことでした。。

 

届いてすぐワサビを飲み始めました
ピロリ菌のために飲んだ「抗生物質」と、その中毒疹を抑えるための「ステロイド」の両方をデトックスするのが目的です。これは効果を計ることもできませんから、あくまで私の自己満足のために行なっていますが、このおかげで大いに助かっていると思えます。

それにしても、普通のサプリメントなどと違って扱いにくいと思いましたが、慣れると気にならなくなります。

ちなみに、特許を読めばわかりますが、ワサビの茎と葉っぱが重要なのでスーパーなどでは手に入りません。

ワサビ水の作り方

届いた状態の冷凍ワサビ。食パン位の大きさ。

届いた状態の冷凍ワサビ。食パン位の大きさ

 

凍ったままビニールから出す

ビニール袋から出した状態

 

包丁で8等分にカット

包丁で8当分に切ります

 

カットしたワサビはパックに入れて冷凍保存

カットしたワサビはパックに入れて冷凍保存

 

50~60度のお湯を1リットル準備。水に熱湯を注いで作る。

50~60度のお湯を1リットル作ります。お水に熱湯を注ぎながら作っていきます。

 

5-60度のお湯1リットルに1かけらの凍ったワサビを入れる

上記で作ったお湯に冷凍ワサビを1かけら入れます

 

ワサビがお湯に溶けたらこのまま冷蔵庫に入れて数日で使い切る

溶けて沈んでいきました。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れます。

 

上澄みを飲んでいけばよいのですが、最後の1杯は茶こしを使うと飲みやすいです。

飲むとき
このままではかなり不味いので、カルピス等のシロップに入れて飲むと大丈夫。香りはもとから強くはないし、辛くもない。

カルピスシロップは4種類が手に入ったので、全部試してみましたがどれもとっても美味しいので、これなら続けられそうです。ストレートで飲むのでは続けられませんでしたので、この方法をオジサマに教えてもらって助かりました。これからしばらく続けてみるつもりです。

飲むだけでなく、入浴剤にもしてみようと思っています。美肌効果なんかがあったら、本当に嬉しいです。ステロイドで茶色く変色した肌なども元に戻ると書いてる人もいました。

 

薬物にたよらない生活が大事と思う人は

↓クリックをお願いします。


ロハススタイル ブログランキングへ