オーガニックネイルとは?!

ネイルにもオーガニックがあるんですね。

オーガニックではないものとの違いは何なのか?気になって調べてみました。

きれいにネイルしたいけど、安全にもこだわりたい。食べられるというほどの品質でなくても、できるだけ有害度を減らし、できるだけ安全へ配慮されたネイルを選びたいです。世の中のオーガニックブームの流れの中でネイルも安全へのこだわりが出てきているので嬉しいです。

原材料、技術、どの点をもってオーガニックネイルといっているのでしょうか。

調べてみれば、オーガニックネイルにはマニキュアとジェルネイルと、2種類があります。

  1. マニキュアは、製品のことを言っている
  2. ジェルネイルは、ネイルする工程で使ういくつもの道具全体と、その施術方法までを含めて言っている。
  3. ネイルサロンでは最後に付けるオイル部分だけをオーガニックコスメにして「オーガニックネイル」と言っているところもあります。

「3」は、ネイルを一般と同様に普通に仕上げ、最後に塗るオイルだけがこだわっているということになりますが、これだと、誰でも簡単にできちゃうので、外します。

日本ではオーガニックというと、農産物にしか制約がないので化粧品は言ってみれば、自己宣言しているだけ、ということになります。でも100%植物エキスのみで作るのは不可能でしょうから、有害度を減らし安全に配慮したこだわりがあるだけでも有難いです。

下記がそれぞれのサイトでした。レビューなどもいろいろ調べてみました。

胡粉ネイル(ごふんネイル)
日本製。自然食のお店で見つけて、実は買ったことがあります。明らかにマニキュアの臭いと違い、安全への配慮を感じます。が、選んだ色が悪かったのか、外から見たのと違い色がうっすらしかつかず、厚塗りしようとするとムラになり、普通のマニキュアを使ってる人にとっては物足りなさを感じてしまうかもしれません。また、あまりツヤがなく、お風呂に入るとはげてきてしまいます。でも、一番安全なのかもしれません。わがままを言えば、もう少し「美」に近づく必要があります。1本1300円

deborah lippmann(デボラリップマン)
ニューヨーク発で5つの有害成分(トルエン/ホルムアルデヒド/フタル酸ジエチル/ホルムアルデヒド樹脂/カンフル)を入れず、植物エキスを配合したマニキュア。容器も可愛い。ある人のレビューでは爪の色が染まってしまうと書かれていて、ちょっと気になります。でも5つの成分が入ってないだけでも少し安心です。1本2900円と、ちょっとお高いです。

Kure Bazaar(キュアバザー)
デパートなどでも売られていて入手しやすいマニキュア。フランス発で、発色も良いようです。4つの有害成分(トルエン/ホルムアルデヒド/フタル酸ジエチル/合成カンファ―)を入れてないマニキュア。そこに植物由来のエキスが入っています。臭いも使い勝手も一般のマニキュアと変わらないようです。1本2300円、決して安くはないですが。

マックスオーガニックネイル(ジェルネイルサロンとネイルスクール)
途中で使うネイル用の製品類から施術工程全体において安全にこだわってるようです。ネイルスクールがメインですがオーガニック成分配合のジェルを発売開始したようです。とても気になります。ネイルサロン特有の薬品臭もないそうで、仕上がり写真をみると一般のジェルと同じようにきれいで、ブログを読むと持ちも良さそうです。安全だけでなく形や仕上がりにもこだわりが感じられます。でも、東京に1店舗あるのみなので行きたくても行けない人も多いでしょうね。

オーガニックネイルについてもっと知りたいと思われた方は

↓クリックをお願いいたします。


ネイルチップ・ネイル用品 ブログランキングへ

ピロリ菌を除去する抗生物質の恐ろしい副作用

ここ数年、あまり風邪も引いてない良好な健康状態だったのに恐ろしい事が起こりました。

健康オタクの私は、食べ物やサプリメント、日用品(シャンプーや歯磨き粉)にもこだわりがあり、また、できるだけ医薬品を使いたくないという考えもありました。

医学は必要ですが、自己治癒力を高めることが一番であり、それが可能な限りは薬は使わないという考え方です。

健康だったので薬とも無縁の生活でしたが、健康診断でピロリ菌が居ると言われたので除去しておきたいと思いました。7日間薬を飲むとかなりの確率でピロリ菌の除菌ができるそうです。

もらったのは「ランサップ400」という薬
1日2回×7日間で、途中で忘れるとやり直さないといけないのです。忘れないように緊張した7日間を過ごしました。抗生物質で腸内菌も死んでしまうらしく、お腹が少しゆるくなった事はありましたが、無事完了しました。ちょっとした達成感がありました。

そして
飲み終えて5日後=飲み始めて12日後

腕にプツプツを発見しました。ダニ?と思ってるうちに体中に赤い発疹ができてきました。何かのアレルギーだと思いました。何に反応したのか?普段と違ったことを思い起こすと、その日、左肩にサロンパスを貼ったのと、前日にシメサバを食べた事くらい。しかしサロンパスは貼った部分が特にひどいという事がないので、これは原因ではなさそうです。

ネットで調べていくうち「ランサップ400」に行き当たりました。これは抗生物質が2種類入っているそうです。

ランサップを処方した病院に電話すると「飲み終えてから5日も経ってるのでうちの出した薬ではないし、じんましんなら別の皮膚科の病院を紹介することになるけれど」と言われ、そこは止めて近くの皮膚科に行ったのです。

皮膚科の医師はランサップの可能性をおっしゃり、血液検査を受けました。顔から足の甲まで全身に発疹ができて少し熱い感じ。この状態だと1日入院した方が良いとも言われつつ帰ってきました。薬害って、本当に恐ろしい。

ネットで調べて薬アレルギーに詳しそうな「東京大学医学部付属病院 アレルギー・リウマチ内科」に電話して説明すると、即刻1日入院して強いステロイドを点滴するようにと言われましたが、そ、それは、、、したくない。

収まるどころか悪化傾向にあったので、処方されたステロイドを泣く泣く飲みました。ステロイドクリームも処方されましたが、これは塗りませんでした。ステロイドと言えばその副作用で悪名高いお薬です。飲むのを止める時もすごい注意が必要です。塗った所が黒ずんでくるとか、ムーンフェイスになるとか、さまざまな副作用があります。

血液検査の結果でわかったのは
「中毒疹」の「薬疹」でした。アレルギー反応とは違うそうなのです。かぶれではないと言われました。恐ろしい。まさかの事がこの身に起こりました。体質によっては一生の後遺症になって普通の生活が送れなくなる人もいるそうです。

結局、薬を使うと、またまた薬を使うことになっていく・・・

西洋医学とは原因を除去するのではなく、即効性重視で症状を抑えるための科学ですから、原因は取り除かれないし、薬は体内に残留し副作用も起こします。

これからはランサップ(抗生物質)と、ステロイドをデトックスしていかなければ。


自分で行なったことを後の自分の記録のためにも記載しておきます。

食欲は普通でした。

  • デトックス効果の強い玄米を柔らかく炊いて、良く噛んで食べ、その他は医師の言われた通り淡白な食事を心がける(青味系の魚、豚肉、油の多い料理を避ける。野菜は良い、うどんやソーメンも良い)
    結果的に食物アレルギーではなかったので、あまり気にしなくても良かったのかもしれない。そして
  • ワサビ水(※別の記事で詳しくお伝えします)を飲む。
  • アイスノンをタオルでくるんで熱いところや、頭を冷やす(まくらにする)
  • 時々かゆくなる時はドライタオルでこする
  • 体温が上がると乾燥するのでアロマオイルを塗る(かゆい辺りはペパーミントを入れ、全体的にキャリアオイルで薄めたラベンダーとティートゥリー使用。全てオーガニック)
  • 眠さやダルさがステロイドの副作用らしいので、無理せず寝る。

お風呂はシャワーだけが良いそうですが、医師から言われる前に温度低め37-39度ですが長風呂(アロマ入り)してしまってました。

そして、これはどうしようもなく、仕事は欠席。


本当に恐ろしい目に合いました。

結局ステロイドは2週間飲み、やっと収まりました。でも風に当たり過ぎたりすると腕の内側や太もも辺りには醜く発疹跡が出てきます。

誰よりも健康体だと思ってたのに、予想外のことが身に起こるものなのですね。

※ワサビ水の記事をお楽しみに